賃貸経営を成功させるための正しい知識をつけよう

不動産会社に任せることで専門知識が不要に

リスクを覚悟する

賃貸経営と火事での空室リスク

賃貸経営の場合の主な収入源は、賃借人からの家賃です。 ですので、賃借人が決まらず所有する不動産の空室が続くと、その間の家賃収入が無くなります。 むしろ、マンション経営なら固定資産税や管理費・積立金の支払いなどもある為、マイナスとなってしまいます。 ですので、空室は避けたいところです。 入居者が決まらなくて空室となる事もありますが、火事によって空室となる事もあります。 持ち物件から起きる事はもちろん、隣から移るという事もあります。 火事が起きてしまうとその物件はしばらく空室になります。 修復までに時間もお金もかかる上、火事部屋ということからなかなか賃借人が入らないケースもあります。 空室が長く続いた為に、不動産を売却するにしても安価での取引となってしまう事も多いのです。 火事は滅多には起こりませんが、そういったリスクを理解するのは賃貸経営をする上で基本となります。 ですが、そういったリスクをカバーしてくれる物があります。 それが、保険です。 保険に入る事で、不安から解消されるのです。

保険に入ってリスク回避

賃貸経営をしていると様々なリスクから身を守らないとなりません。 火事のような滅多に起きない事でも、起きてしまったら取り返しがつきません。 火事のようなリスクの場合は、やはり保険に入る事です。 万が一に備えて入る「火災保険」と呼ばれるものです。 聞いた事がある人も多いのではないでしょうか。 賃貸物件に入居した事がある人なら、入居時に必ず入る保険です。 非常にベーシックな保険です。 その保険は賃借人も入る事になりますが、賃貸経営をする場合はご自身も入る事をお勧めします。 やはり火災後の不動産の修復には多額のお金がかかりますし、入居者募集にもまた費用がかかる為です。 そういった費用を、保険がおりればカバーできるのです。 そんな火災保険には、様々なオプションをつける事が出来、最近は地震保険を追加するケースが増えています。 地震大国日本では欠かせないものであり、火災保険では地震による火災は保険対象となる為と言えます。 保険は賃貸経営において、リスク回避のお守りのような存在なのです。