賃貸経営を成功させるための正しい知識をつけよう

不動産会社に任せることで専門知識が不要に

相場から設定しよう

不動賃貸産の家賃相場は管理の工夫でメリットが生まれる

不動産賃貸を行う上で問題となるのが家賃相場です。いくら自身の物件に自信があろうとも、周辺の家賃相場が下がってしまえば、自ずと下げざるを得ません。しかしそういった時に少し工夫をすることで生まれるメリットも存在します。 まず挙げられるのが管理方法です。多くの人は不動産業者や管理会社などに管理を委託するため、毎月管理料が発生してしまいます。しかしそういった管理を自身で行うことでコストを削減し、家賃相場が減少しても利益を生むことが可能となります。 次に挙げられるのが入退去時のサービスです。特に学生向けマンションの場合、入居者の口コミで今後の入居率が決まると言っても定かではありません。そのため敷金や礼金をゼロにしたり、退去時に少しのお祝いなどを渡すことで、家賃相場が変わっても安定した入居率を維持することができます。 少しの工夫やコストの削減をしっかり行い、家賃相場が変わっても問題ない環境を作っておくことが重要といえます。

家賃相場の高騰について

家賃相場が高騰しているのです。それなりに景気が上向きになっていますし、そもそも家賃にも消費税がかかることになりますから、自動的に増税分は高騰することになります。 家賃相場というのは、まずは立地で決まることになりますが、当然ですがそれだけではなく、建物の新しさ、そして広さも影響があります。とにかく地価が高いところはどうしても相場が高くなります。 家賃相場はいくらいくら、と厳格に決まっているわけではなく、ほぼ同じようなところでも数千円程度の差はあるものです。微妙に日当たりが違うだけでも違うわけです。家賃相場によって収益物件の利益率が変わるわけであり、今は都市部は少なくとも高騰傾向にあるのです。今後も伸びる動向です。